個人と企業のメールの違い | 大事な資料や書類を復元させるデータレスキューの業務
周辺機器

個人と企業のメールの違い

pc

普段使っているメールサービスでは固定の端末にインストールしたメールサーバーにアクセスして、メールの送受信、または閲覧することができます。しかし、企業向けのウェブメールは出張の多い営業マンに対してとても便利な機能を備えており、外部のネットワークからでも確認できるウェブメールになっているのです。これはインターネット環境があるところであれば、送受信が可能になります。また、メールソフトの必要がなく、簡単に初期設定を済ませることができます。一般向けのウェブメールは誰でも利用可能になっています。これはパソコンや近年携帯電話の主流になっているスマートフォンにインストールした、ウェブサイトやアプリなどでアクセス可能です。そうすることで、パソコンで行っていたメールなどをスマートフォンでも確認することができるのです。次に紹介する企業向けのウェブメールは近年新しいウェブメール形式として注目されているものです。企業が便利に利用できるウェブメールは、グループチャットのようなものを作ることができるようになっており、会社のメンバー全体で使うことができるのです。グループチャットは一つの画面ですべて確認することができ、アドレスの表示がなくてもチャット感覚で連絡することができます。チャットなら、すぐに相手の携帯に反映されるので非常に便利です。
企業内でのやり取りは、基本的にメールデータに残しません。もし携帯電話の紛失や盗難にあった場合、メールから個人情報が漏洩してしまう可能性があるからです。また今のパソコンによってはパスワードが保存されている場合があり、パソコンを紛失してしまうことは危険です。そのため、メールやチャットなどを使う場合には、パスワード有効期限や本人認証機能の設定をするようにしましょう。